Menu

公平・穏便な解決のために

ファミリー

頼りになる法律のプロ

家族が亡くなった後に、思わぬトラブルに発展する危険性が高いのが、故人が遺した預貯金や不動産などの相続の問題です。特に相続財産の中に不動産がある場合は、預貯金のように単純に分割することが困難で、話し合いがまとまりづらくなります。地価の高い東京では、土地や家屋の時価が予想外の高額になるケースも多いため、相続にあたっては慎重に事を進める必要があります。こじれがちな相続問題をスムーズに解決するために欠かせない存在が、法律のプロフェッショナルである弁護士です。法律に関する豊富な専門知識に基づいて、可能な限り公平で穏便な解決方法を提案してもらうことができます。さらに弁護士が依頼者の代理人になってくれるため、当事者同士では言いづらい内容も、しっかりと主張しやすくなります。感情的なやりとりに終始したり、話し合いがむやみに長期化したりするリスクを軽減できることもメリットです。膨大な人口を擁する東京都内や東京近郊の各地では、相続問題に精通した数多くの弁護士が、それぞれに特色のある法律事務所を構えています。依頼から解決までの流れや、必要な費用などの情報を得るためには、法律事務所のホームページが役に立ちます。相続人が東京から離れた場所に住んでいる場合には、東京の弁護士と郵便やメールなどの手段で連絡を取る方法の他、地元の弁護士に東京への出張を依頼することも可能です。初回の相談料を無料にしている法律事務所も多いため、先ずは実際に相談して、話しやすい弁護士を見つけることが解決への近道です。

Copyright© 2017 毎月の返済が辛いなら|弁護士に過払い金相談をしよう All Rights Reserved.