Beauty
このエントリーをはてなブックマークに追加

目のコンプレックス

目をぱっちりさせるための整形

日本人は、外国人に比べて、目がパッチリしていない方が多いです。なので、目にコンプレックスを抱える人は多いです。そのため、近頃では、美容外科で目の整形施術を受ける方が増えています。 色々な施術方法がある中でも、目頭切開法が人気があります。この整形は、蒙古ヒダを切除することで目を大きくするものです。切除を行うだけで、最小でも2ミリ大きくできます。 この整形施術のやり方は、大まかにW法とZ法に分かれています。まず、W法は目頭の広い範囲をW型に切開することで、蒙古ヒダの切除を行います。一方のZ法は、目頭の延長線上にある皮膚をZ型に切開して縫い合わせます。この方法は広範囲の皮膚を切開する必要がないので、傷痕が目立ちにくいというメリットがあります。よって、多くの美容外科で採用されている方法です。

施術をした後の注意点とは

目頭切開法は、非常に有効な施術といえます。しかし、整形後は患部の状態を良く保つための注意点があります。まず、手術後は患部が多少の赤みがでます。また、全体的は腫れや多少の浮腫も出ることがあります。よって、施術をしたことがばれないように、手術当日は眼鏡やサングラスなどを持参するといいです。 それと、施術後は、患部は非常にデリケートな状態になっています。外の紫外線にさらされると、色素沈着を起こす可能性もあります。よって、施術後に外出する時には、帽子をかぶるなどの紫外線対策が必要です。 その他の注意点は、患部に大きな刺激を与えないことです。刺激を与えると、患部にトラブルが起きることもあります。なので、まぶたを強くこすったリ、うつ伏せに寝ないようにしたほうが良いです。