Beauty
このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の目元

人間は生まれたときから目の形は決まっており、日本人は一重や奥二重、末広型の二重の人が多いとされています。それに比べて外国人は目に彫りがあって幅の広く濃い平行タイプの二重なので、自然と目が大きく見えます。日本人の多くは目の大きさでコンプレックスを抱いている人も多いですが、市販ではアイテープやメザイクなどで簡単に二重をつくることができます。糊やテープなどで二重が作れますが、まぶたに厚みがある人はそれらのアイテムを使ったとしてもなかなか二重になることができません。またまぶたは顔の中でも皮膚が薄いとされているので、毎日使うと皮膚の炎症を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。どうしても二重を作りたいときには美容外科へ行って目の整形をすることによって理想の二重を実現することができます。目の整形では埋没法や上眼瞼形成術、眉下切開などがありますが、その中でも眉下切開は皮膚の厚い部分を切除するので自然な二重を作り上げることができます。

また眉下切開はアンチエイジング効果もあるとされているので、この手術をすることによって美しい目元を実現することができます。年を重ねると少しずつまぶたが垂れ下がってしまい、目が小さく見えてしまうことがあります。眉下切開の方法では眉毛に沿って切開をして手術をするので、傷も目立ちにくいというメリットがあることから手術を検討する人も多いです。美容外科では手術を行なう前にまずはカウンセリングをして患者に適した手術を行なうことができます。

クリニック探し

眉下切開をすることによってまぶたの厚みを軽減してはっきりとした目にすることができます。クリニック選びをするときには十分なアフターケアをしているところなら安心して最後まで任せることができます。

Readmore

目のコンプレックス

外国人に比べて日本人は目が小さいことからコンプレックスを抱いている人も多いです。目の整形をすることで大きくなりますが、手術後は紫外線や刺激に気をつける必要があります。

Readmore

まぶたの重み

上まぶたに厚みがあるときは眉下切開をすることによって厚みを減らしてはっきりとして目元を実現することができます。眉下切開をすることによっていつまでも美しい目元になります。

Readmore